自毛植毛のメリットとは

ミノキシジルの効果がない場合に自毛植毛

ポラリスmr09を利用してもイマイチ効果が出ない場合に最終手段として勧められているのが自毛植毛です。ただし、最初にお話をしておくと、自毛植毛はかなりのお金がかかるおそれがあります。

 

自毛植毛による手術は後頭部や側頭部など男性ホルモンによるテストステロンが少ない部分をドナーとして、薄い部分に萎縮する方法です。

 

殆どの確率で、萎縮した部分からは薄毛に悩まされないために、影響的に髪を長期間にわたり持続させることができます。

 

普通は後頭部の毛を2〜3cm×10〜15cm切り取り、2500〜5000本に株分けして前頭部にグラフトごとは得ていきます。

 

人によっては数日間痛みが残ることも有りますが、1週間もすれば痛みは抜け、半年から一年もすぎれば、新しい髪が生えて、抜け毛に悩まされることはほとんどありません。

 

自毛植毛を国内で行う場合、ドナーの範囲によりますが、かなりの価格が掛かる恐れがあります。そのために、現在では日本だけではなく、海外を利用する人もいます。韓国やカナダの自毛植毛術を利用し、円安ドル安の影響で国内よりも半額以下で行えるところがあります。

 

ただし、価格は安く行えても、その他のトラブルが起こる可能性があるために、理解したうえでの治療となります。まずは価格だけに左右されずに、調べてから行うことが重要になります。